持ち帰りの場合「食料品は8%」、しかしお店が用意した施設で飲食すれば軽減税率が適用されずに10%の消費税が課される。

消費税増税直後、「イートイン脱税」なる言葉が飛び交った。

つまり、「持ち帰り」と言って精算し、そのお店のイートインで飲食する。

そこへ「正義マン」なる者が現れて店員に苦情を入れる。

このニュースを見ていて、寒々としたものを感じた。

「オレはちゃんと納税(消費税だけど)してるのに、ヤツは得してるじゃないか」的な、私に言わせれば単なるヤッカミ。

弱い者同士が傷つけあう、まるで戦中の「となり組」や、互いの思想を告げ口しあう近隣の独裁国のようではないか。

そこで、私は提案したい

精算後、自分でテーブルに運ぶ場合は軽減税率を適用する

  • コンビニのイートインは軽減税率適用
  • スーパーマーケットも同様
  • ショッピングセンターのフードコートも軽減税率適用

軽減税率が適用されないのは

  • ウエイターやウエイトレスが料理や飲料を運んでくれる飲食店

分かりやすいと思うのだが、どうだろう。