最高裁の判決で夫婦別姓が否定されたことで思う。この国には未だに「男尊女卑」が根底に流れているのだと。先進国と呼ばれる中でも日本だけが「夫婦同姓」を強制している。それがあたかも正しいことのように国民に刷り込まれている。

夫婦同姓は絆を深める、とか離婚に抵抗がなくなるから増えるとか言う反対派の人もいる。その他にも家が崩壊するとかの意見も聞く。

では、家とは何?と問いたい。

古典芸能や茶道の家元でなければ、そんなもの必要ないと思う。その家に縛られて一生を過ごすなんてのはクダラナイ。家なんて制度は明治時代に課税や徴兵のために国が定めたものである。そんなものを後生大事にしているなんて信じられない。

夫婦別姓にすると「夫婦の実感がワカナイ」と言う人がいる。刷り込まれた意識がそうさせるのか、もしくはただ形式的に結婚しただけだということに気づいていないか。

そこで提案したい。

これまで否定ばかりしていたが、マイナンバー(年貢徴収番号)を使う方法がある。どうせ役所でも番号を入れ込むためにシステムを変更しているのだから、夫婦別姓というチェックボックスを足すだけでいい。子供だって同じシステム運用で「家の謄本」が完成する。

当然、夫婦同姓がいいという人もいるし、クダラナイ理由で必要な人もいるだろう。

だから、婚姻時に「選択できる」ように法改正すればいい。

遠くない未来、国民全員が番号で呼び合ってたらって考えるとちょっと怖いけど。

written by Yoshinobu Iriguchi